租税教室(6年生)

18.02.13

 東山税務署の方に租税教室をしていただきました。初めは「できれば税金は払いたくないなぁ」と漏らしていた子どもたちですが、「もし税金がなかったら…」と考えることで意識が変わりました。「信号が止まる?」「公園がなくなる?」「町がゴミであふれる?」「橋が壊れたままに?」「警察署や消防署が会社に?」などと想像してみることで、子どもたちは身近なところに税金が使われていることを実感した様子でした。中には、税金のシステムが、人と人が支え合う仕組みになっていることに気づいた子もいました。授業の最後に「税金が必要だと思う人」と尋ねられると、全員が手を挙げていました。(hy)

» ホームへ戻る

       
  • 学校案内ダウンロード
  • ふじの子同窓会
  • 教員募集
  • いじめ防止基本方針